最新の労務管理事情

多くの仕事の煩雑さを和らげてくれる労務管理システム導入はおすすめ

従業員の情報を一元管理して煩雑な労務管理業務を省力化しよう

入社や退社や異動など従業員の人事に関わる出来事が発生すると、その都度様々な書類を提出してもらったり、必要な関係各所へ申請する事務処理が必要ななります。これらは人事や労務管理を担当している部署で行っていますが、例えば入社する人が一人いる場合でも事務処理があれこれ発生して煩雑になります。各種書類を漏れなく準備し、記入後の書類は回収後に適宜処理してファイリングします。
担当者の棚には関係書類がズラリと並んでいたりしますよね。書類の確認や取り出しが必要になったら、その中から収集する面倒な作業が発生します。このような入退社に関わる処理以外にも、労務管理の部署で行う仕事はさらに煩雑な作業があります。個々の従業員に関する、勤怠管理や給与計算の事務処理です。
遅刻早退の届け出は随時発生し、その書類などの管理が必要かもしれません。会社によってはその状況が、給与や賞与に影響することもあります。給与処理は毎月なので、煩雑であることに間違いありません。このような煩雑な状況を改善したいなら、人事労務管理システムを導入しましょう。従業員の情報を一元管理できるようになり、最初に個人情報を入力することで、それを引き出して書類作成や申請などが簡単にできます。紙の書類がなくなり、保管や取り出しの手間からも解放されます。勤怠管理も給与の処理も色々な面で省力化が図れますから、煩雑さにお悩みならぜひ検討してみましょう。

注目の記事

更新記事

労務管理システムを導入してみませんか

人事や労務の業務は煩雑で、時間を取られてしまうこともしばしば。従業員の数が多ければ多いほど労務管理の手間はかかってしまうものです。従業員の社会保険や労働保…

more

人事の手続きを減らすために労務管理システムを導入しませんか?

社員の入退社の手続きには多くの手続きがありますよね?賃金台帳の更新・離職票の発行・諸官庁への届け出。さらには勤怠・残業時間の管理など、総務人事のご…

more

従業員の情報を一元管理して煩雑な労務管理業務を省力化しよう

入社や退社や異動など従業員の人事に関わる出来事が発生すると、その都度様々な書類を提出してもらったり、必要な関係各所へ申請する事務処理が必要ななります。これ…

more

各種の書類を自動作成できる人事労務管理システムを導入しよう

人事や労務に関する部署の場合、その業務範囲の大半で書類作成が発生します。書類作成は各従業員に関わる事なので、個別の情報を取り出して作成します。またその業務…

more

新着情報リスト

このページのトップへ